投資の神様の原点を探る、『ウォーレン・バフェットはこうして最初の1億ドルを稼いだ』

ビジネス

『ウォーレン・バフェットはこうして最初の1億ドルを稼いだ』
著者:グレン・アーノル

本書はタイトルの通り、かの投資家の神様ウォーレンバフェットがどのようにして最初の100億円を稼いだかが知れる一冊。

バフェット本だと「#スノーボール」という本が有名で、スノーボール(雪だるま式に資産を増やすことを意味する)という考え方が好きだ。バフェットは知識も複利で増えていくと言っており、それは読書をしていて実感できてきた。

バフェットの原点

6歳からあらゆる小銭稼ぎを行い、11歳で早くも120ドルの貯金があった。その貯金で初めての株を買い、10代半ばで数千ドルを貯めた。更に15歳の時には農地を買い、農家から利益の一部を徴収(のちに買値の2倍で売却)。1949年、貯金額は9800ドルになり、株取引に夢中になる。19歳の時にベンジャミン・グレアムの『賢明なる投資家』を読んで、影響を受けた。

色々な起業家や投資家を見ていると、子供の時からなにかしらの”商売”をしていることが多い。バフェットも例外ではなく、子供の頃からコカコーラをパックで買い、1本ずつに分けて売ったり、古い車を貸し出したりと色々な商売を行っていた。それが原点にあり、株式投資を始め大成功を収める。

バフェットの原点からこれまでの株式投資について学べる一冊で、とても良かった。

ウォーレン・バフェットはこうして最初の1億ドルを稼いだ――若き日のバフェットに学ぶ最強の投資哲学
現在88歳のバフェットにも、駆け出し時代があった。 バフェットが、最初の1億ドルを作るまでの20の投資案件に注目。彼の資産形成や投資哲学に最も大きな影響を与えたとされる事例を紐解きながら、賢い投資家になるためのヒントや教訓を学ぶ。 若きバフェットに学ぶ投資の考え方。

コメント

タイトルとURLをコピーしました